September 21, 2014

「ニュー・センチメンタリズムvol.2」にnoodles、近藤智洋さん!

Hisayoです!

tokyo pinsalocks企画の11/19「ニュー・センチメンタリズム vol.2」の詳細が決定しましたー!!

そうなんです、noodlesに引き続きの対バンは・・・
近藤智洋さんに決定しました!!
↓↓
kondotomohiro_pic

近藤さんとの出会いは、8年前のちょうど今くらいの時期で、当時HEAVEN'S DOORでやっていたtokyo pinsalocksとBO-PEEPの共同企画に出てもらったのが最初なのです。
その数ヶ月後には新しいバンドで一緒にやるようになり、近藤さんのソロのバンドでも5年前から一緒にやるようになって、今の私のミュージシャン人生があるのは近藤さんのおかげと言っても過言ではないくらいの、大重要人物なのです。
満を持して、tokyo pinsalocks企画に登場していただきます〜!

私にとってはあまりにも近しい人だったので、誘って良いものかどうかずっと迷っていたのですが、Naokoが「近藤さんとやりたい!というか、弾語りを久々に観たい!」と言ってくれてたので、せっかくの440なのだし、ピッタリな近藤さんをお誘いさせて頂きました!

近藤さんは、元々はPEALOUTでバリバリ激しかったし、今もGHEEEやThe Everything Breaksで暴れん坊近藤さんがいらっしゃいますが、ソロの時は、本当に生身の近藤さんが出てて、愛があって包み込まれたり、包み込みたくなったりするような曲達ばかりなのです。

私も勢いで弾かせてもらうかもしれないし!?
どちらにしても、素敵な時間になることは間違いないと思います♡



そして、既に発表していましたが、こちらガールズバンドの大先輩、noodles!!
カッコイー!!
noodles_pic

何度かイベントに出てもらったり、対バンさせてもらっているのですが、こんなにがっつりスリーマンはないですね。ありがたや・・・。

私達が「東京ピンサロックス」を結成した2000年くらいにはすでに、バリバリ活躍されていて、当時みんなでBENTENレーベルのイベントとか見に行っていたの思い出します。
なので、いつまでもnoodlesのメンバーを目の前にすると、緊張気味の私がいて、

先日もGHEEEツアーで京都で対バンになった時に一緒に写真を撮ってもらったのが、これ
↓↓
2014-09-21-11-05-36_deco

混ぜてもらいましたが、完全にファンの顔です(笑)
この前観たライブも、本当に変わらずのかっこよさでしびれました。
かっこ良いっていうか、かわいいのがかっこ良いっていうか。
ちょうど歴も10年くらい上の先輩なので、私達も10年後、あんなにチャーミングに音楽出来てたらどんなに良いだろうって思います。

noodlesさんは440に初めて出演、ということなのですが、noodlesさんハマるだろうなー、と思います。
楽しみだこりゃ。


音楽続けていると、良いミュージシャンと触れ合えることも多くて、近年とても嬉しいです。
こんな方々をお迎えするわけだから、私達も、がんばるぞっ!とね。

11/19(水)は下北沢440にお越しくださいませ〜〜。
(チケットは明日から発売ですー)
NSLflyer_141119

*******************************************************
2014.11.19(水) 下北沢440(four forty)
tokyo pinsalocks presents「ニュー・センチメンタリズムvol.2」
[LIVE]
tokyo pinsalocks / noodles / 近藤智洋
●OPEN 19:00 /START 19:30
●adv. ¥2500 / door ¥3000 (1order ¥600別)  
(e+、440店頭にて 9/22〜)
●info.下北沢440(four forty)
*******************************************************



この記事へのコメント

1. Posted by bass kacyoii   October 03, 2014 17:06
hisayoさんこんにちは!
一度聞いてみたかったんですが、めちゃポジティブで
素敵な音楽やってはるのに、
なんで「東京」「ピンサロ」??
セクキャバやし今は。。ってw

もっと素敵な名前の方がマッチしてるのにー。

「naokoとhisay」?w
2. Posted by Hisayo   October 09, 2014 00:47
>bass kacyoii

あはは!なんと率直な質問!

この音楽性になったのは、2007年〜くらいで、結成当初は(2000年)は、「東京ピンサロックス」という表記で、4ピースのラウドロックバンドでした。
その時は、このバンド名と音楽性はマッチしてしていたのでありまして。
(というかバンド名を付けた時は、あまり意味をわかっておらず、無邪気に女子4人でつけてしまったのが、そのまま事務所がついてインディーズデビューしてしまったのです)

途中で、ニューウェイブ路線になりつつあった時、ギターが抜けて、バンド名を変えようかという話も出たのですが、3ピースで海外ツアーも行くようになり、「tokyo pinsalocks」表記で海外でやっていると、バンド名の意味はもちろん関係ないし、そのままでスルーっと受け入れられたので、そのままやっておりました。

うちらも、周りもみんな当たり前すぎてマヒしていたところだったので、今、あえて突っ込まれて、「そうだった、そういえば!」と思いましたね。

バンド名、言いにくかったらごめんなさいね〜〜。

あー、すっっごい久しぶりにバンド名のこと突っ込まれて、なんか清々しい・・・!
3. Posted by bass kacyoii   October 10, 2014 00:17
ご解説ありがとうございました。

御礼に440絶対行きます! 
ピンサロックス最高〜〜☆

hisayoさんて几帳面ですねぇw

コメントする

名前
URL
 
  絵文字