December 06, 2015

「TOKYOメルト」ありがとう!

Hisayoです!
あーーっという間に、12月になってしまいました。恐るべし時の流れ...。

改めまして、先月のtokyo pinsalocksワンマン「TOKYOメルト」来てくださった皆様、本当にありがとうございました!お陰さまで、ほっこり、素敵な空間が作れたと思います。
ほんとーーーうに、ありがとうございます。

会場はこんな感じで...
OMI_8118
私達の長年の友人、で現役スタイリストさんが内装をやってくれました!
(ここだけの話「東京ピンサロックス」の本当の初代ドラマーです!
15周年記念ロングインタビューの「第一期」を参考にどうぞ...)

このワンマンは、終わってみて振り返ると、スケジュール的によくやったなって(笑)
私達も頑張ったけど、協力してくれた人もたくさん。
本当に周りの良い人に恵まれているなぁ...って感動してました...!


セルフライブ解説で振り返りたいと思います〜。
オープニングゲストに、高松から心の友(!)「COET COCOEH」ちゃんがきてくれました。
ココエちゃんステージ...。素敵すぎた。
みんなに見て欲しかったんですよね〜〜。
エレピで弾語りなのですが、いわゆるピアノ弾語りの人とはちょと違う。

OMI_7304

やっぱりココエちゃん独特のエレクトロな感覚が入ってて、踊りたくなるような曲もあるし、息を飲むような曲もあるし。袖で見ていて、なんか泣きそうになったりしました。
ココエちゃんとは離れているけど、1年に1〜2回は会うし、よく話すので、ココエちゃんの想いがいっぱい伝わってきてました。
眼差しが素敵な写真を一枚選びました。ありがとう、ココエちゃん。



そして、私達の出番であります。
第一部はtokyo pinsalocks"petit set”。
打込み+ゲストパーカッションにピロさん!
OMI_7561

ピロさんは、本当にtokyo pinsalcoksの曲に愛を込めて演奏してくれてるのが伝わってきます。
元から打込みでパーカッションをたくさん入れて作ったりしてるのですが、
それを素敵にアレンジにしてくれたり、プラスしてくれたりして、さらにキラキラにしてくれて嬉しかったです...。

セットリストはこんな感じで...

1.マネキン
2.アテンションプリーズ
3.レム睡眠
4.東京は夜の7時(Pizzicato Five カバー)
5.シンデレラタイムアップ
6.Heaven's chocolate
7.YOU(新曲)
8.AIRPORT


「AIRPORT」なんかは、7年くらい前の曲(「リタ・プラネット」に入ってる)で、ちゃんと今のバージョンにブラッシュアップ出来て、良かったって思いました。
7年前も100%で作ってたけど、今は技術も出来ることも増えたので、当時表現しきれてなかったところをちゃんと出来て、浄化された気がしました。

「Heaven's chocolate」は10年前の曲。
これは、あえての当時のスカスカの原曲ままでやってみました。いや、むしろ当時よりスカスカ?(笑)
そこを逆に楽しめるようになったのも、1つの成長かと。

新曲、「YOU」も披露できた!久々の英語のラップをNaokoが頑張りましたねぇ。
みなの反応が良くて嬉しかったのであります。
けっこう奥深い内容なので、早く音源化して歌詞を読んで欲しいなー、と。


第二部は、tokyo pinsalocks"BAND SET"!
2人になってから、ずっと私達を支えてくれているドラマーYANAさんと、8年間お世話になってるプロデューサー三浦俊一さん!

OMI_3811

もう、安心の安定の、です。
お陰様で伸び伸びやらせてもらっています。ありがたいことです。

こんな感じのセットリストです。

1.着物ジャポネ
2.スイミングガール
3.You know my "GOLD"
4.MIRROR
5.プルトニウム07 (with COET COCOEH)
6.Unlucky doughnuts (with COET COCOEH)
7.センチメンタルメタルチェア
8.TOKYOメルト(新曲)
9.バブルガール2015

アンコール
1.Little SEED
2.$1000000


途中でココエちゃんにも2曲参加してもらいました!
OMI_7889

「プルトニウム07」は2007年に3人になったばっかりの時の代表曲で、これが出来ていろんな人と出会えた感じがありました。
当時Naokoが歌いながら弾いてたのですが、ココエちゃんがディレイ(エフェクター)を駆使して弾いてくれました。
これをリハでやった時に、イントロで三浦さんが思わず「なつかしい!」って言ってましたしね。
今出来て良かったです。

新曲「TOKYOメルト」も披露しました。このイベントタイトルを付けてから、これをイメージした曲を作りたいって言ってて、Naokoもピッタリの歌詞を書いてきてくれたし、私も今のモードの私達を的確に表現出来る曲を作れた!って思いました。
約2年ぶりの新曲。自分の中でのハードルは上がってたけど、良い評価してくれる人がたくさんいて、嬉しかったです。
ありがたや...

最後の「$1000000」(ワンミリオンダラー)で椅子席ながらもみんなノってくれて嬉しかった〜。

OMI_8098


というわけで、たっぷり2時間強。見てくださった皆様、本当にありがとうございました。
写真を撮ってくれたのは大参久人くん。
他の写真もたくさん、オフィシャルFacebookにアップしましたので、ぜひ見て下さい!

記念写真もパチリー
ピロさん、ムードメーカーありがとうです!
2015-11-13-21-08-24_deco

ココエちゃんと一緒に5人のバンドみたい。
2015-11-13-09-36-41_deco


本当に自己満足で始まったことかもしれないけど、15周年でこれをやらせてもらえて良かったです。
自分の音楽人生としても、いろいろ大事なことが再確認できた。

そして、それを楽しみに、一緒に共有してくれる人がいるって素晴らしいなって。
聴いてくれる人がいてそれを楽しんでくれて、初めて成立することだと思うのです。

なので、本当に私達だけじゃ続けてこられなかったな、って思います。

来てくれた皆様、本当にありがとうございました!!

そして、このワンマンの前に15周年記念ロングインタビューをやってくれた、ライター下村さんに感謝。
サイトを仕上げてくれて、いつも私達を応援してくれる良いお姉さん、スタッフKさんに感謝。
プライベートから私達のほとんどを理解してくれている、「東京ピンサロックス」時代から今もスタッフをやってくれているYに感謝。

お花をくれた初代マネージャーOさん、フライヤーやってくれている私の中学時代からの大切な友人K、
ライブ見られないのに、差し入れくれたわざわざ持ってきてくれたSちゃん、奥村大くん、1000sayのみんな。ありがとう。

いろいろ直前でいろんな要望をして無茶を聞いてくれた、440スタッフの皆様にも大感謝。
ありがとうございました!



さー、ここからは、また次の私達に向かって進みます。
その時その時の状況を楽しんで。
これからもどうぞ、よろしくお願いします。


次のライブは、三軒茶屋HEAVEN'S DOORの25周年を祝うライブです。
私達より10年先輩のHEAVEN'S DOOR!

ex.少年ナイフのドラマー、えみちゃんを迎えてやります。
わざわざ、大阪から来てくれます!
ワンマンとはまた一味違うセットでやります。

HEAVEN'S DOOR、25周年記念でのプレゼントもあるそうですよ。
ぜひ、お越しください。大忘年会しましょ。

tp&EMI_black

12/18(金) 三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
「tip of the times」
[LIVE]
・tokyo pinsalocks with EMI(ex.少年ナイフ)
・sugar'N'spice
・Sally & Tomoya (from Heavenstamp)

OPEN 18:30 / START 19:00
adv. ¥2500 / door ¥3000 (D別)


151218flyer

チケット予約→ticket.tp@gmail.com



コメントする

名前
URL
 
  絵文字